スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしようもなく、完璧な世界

毎日にずっと痛みとか悩みを抱えて、モヤモヤして過ごしているとき、
こんな気持ちをとっても綺麗な言葉で表してくれるものがあったらどんなにいいかって思う。

そういう物語でもいいから、そこに逃げ込みたいと思う。
何かないかなって思うけど、そういうものってなかなかない。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 天文 - ジャンル : 趣味・実用

tag : 宇宙

人間は物質であるという命題

全くもって、古いものを残そうとするなんていう行為は

続きを読む »

テーマ : 天文 - ジャンル : 趣味・実用

tag :

天球は音楽を奏でるのか?

「天球の音楽」をご存知でしょうか。

続きを読む »

宇宙が好き ダメな感じ

自分は文系の大学出身です。
でも、宇宙が好き。

小さい頃は宇宙飛行士になりたいと思っていました。
でも、そんなの無理だとも思っていた。
子供のくせに現実的で、宇宙飛行士になるのはすごく難しいことだって知っていたんです。

続きを読む »

tag : 宇宙

エンケラドス

ヤフーで見た記事

「生物がいる可能性が高い太陽系内の星」トップ5

続きを読む »

テーマ : 天文 - ジャンル : 趣味・実用

「いぶき」の打ち上げ延期決定

今日は天文ニュースです。

JAXAが打ち上げを予定していた

続きを読む »

テーマ : 天文 - ジャンル : 趣味・実用

tag : 天文台 宇宙 天文学 科学

週刊ディアゴスティーニ 太陽系をつくる その2

さて、昨日に引き続きディアゴスティーニの「太陽系をつくる」雑感です。

続きを読む »

テーマ : 天文 - ジャンル : 趣味・実用

tag : プラネタリウム 流星群 プラネタリュウム 天文台 宇宙 天文学 科学 科学館 星空

週刊ディアゴスティーニ 太陽系をつくる

今年は世界天文年2009ということで、
宇宙などに関連したイベントが多くあります。

その中でも最近特にCMでやっているのが、
この「週刊 天体模型 太陽系をつくる」です。

続きを読む »

テーマ : 天文 - ジャンル : 趣味・実用

福島県星の村天文台

福島のの村天文台に行ってまいりました。

行ってきたのは春の5月だけど
信じられないぐらい寒かった・・

近くにキャンプ場があり、
そこを拠点にしましたが良かったです。

キャンプ場も安かったしね。


さて、ここでは日本でも有数の口径を誇る
天体望遠鏡で夜空を見ることができます。

そしてさらに人数が集まれば、
スタッフの方が屋上で星空の解説をしてくれます。

これがまたいい!

懐中電灯で夜空を照らしたことはありますか?
なければ、どうなると思いますか?

当然、懐中電灯のライトはと月明かりに隠されます。

しかし!

ここのスタッフの持っているライトは
夜空が照らせます!
だから一つ一つをライトで示して、
解説をしてくれるのです。

これがすごい感動。

聞くところによるとアメリカからの輸入だそうです。
すげー。


星空もきっと今まで見たこともないような数の
見れると思います。

北半球で見える星の数は2800個だそうですが、
それ以上に見える気がします。


まるで無限にあるように。


そう考えてしまうから僕は文系なんでしょうね。
でも、それも素敵じゃないかなと。

テーマ : 天文 - ジャンル : 趣味・実用

tag : プラネタリウム 流星群 プラネタリュウム 天文台 宇宙 天文学 科学 科学館 星空

南牧村農村文化情報交流館 グローブシアター

これは野辺山からすぐそこにあるプラネタリュウムです。
周囲は田舎、というか山。
わざわざプラネタリュウムで見なくても、
相当がきれいに見えます。

でも、いいんです。

子供たちに見せましょう。

僕がいったときも子供たちの団体さんがきてまして、
そりゃにぎやかなもんでした。

ここのプラネタリュウム
すごく人がこなそうなのに立派!
見ごたえもあり!
安い!
寝れます!


田舎での素晴らしさを伝える人たち。
すてきです。

なんてほぼ毎日真上にあるけど、
それを改めて見てみるのもいいですよね。

自分がどれだけ下を向いて生きているのかわかるってもんです。

テーマ : プラネタリウム - ジャンル : 趣味・実用

tag : プラネタリウム 流星群 プラネタリュウム 天文台 宇宙 天文学 科学 科学館 星空

野辺山天文台

blogyo.jpg

コレが野辺山天文台にいったときの写真です。

このように大きなパラボナアンテナがいくつも立ち並び、
そこはまるでスターウォーズ6のエンドアの帝国軍の
基地にあったような・・。

そんな感じです。

天文台といってもここは
望遠鏡を見せてはくれません。
電波望遠鏡なので。

でもすごくすごく小さな、
まるで超田舎の公民館のような
展示室はありました。

あまり一般客向けに作られてないんでしょう。
でもその分、マジな感じがしまして
とても良かったです。

ちなみに野辺山駅は日本一標高の高い駅です。

それは全く関係ありません、が。

テーマ : 天文 - ジャンル : 趣味・実用

tag : プラネタリウム 流星群 プラネタリュウム 天文台 宇宙 天文学 科学 科学館 星空

映画 ザ・ムーン

今週の金曜に映画『ザ・ムーン』が公開になります。
それにちなんでテレビでも宇宙のことがよく特集されていて
個人的には嬉しい限りです。

この映画『ザ・ムーン』は、
アポロの月への挑戦をメインに描いているらしいですが、
僕は確実に見に行きます。

それで感想書くので、
迷っている人は感想待ちでもいいかもですね。

この『ザ・ムーン』の公開に伴い、
アポロ11号で月に降り立った
宇宙飛行士のオルドリンが来日しているという
情報を聞きつけたので、こりゃ舞台挨拶的な何か
あるのかと思ったら、ありませんでした。

試写会にはきたみたいだけど。


会いたかったな。


伝説の男に。

テーマ : 天文 - ジャンル : 趣味・実用

tag : 流星群 プラネタリウム 星空 科学館 科学 天文学 宇宙 天文台 プラネタリュウム

ぐんま天文台

ぐんま天文台に十五夜の月を見に出かけました。

十五夜ということもあり、人も多く外には車が何台もありました。

ぐんま天文台の天体望遠鏡は
国内でもかなり大きい口径を持っており、
施設もきれいで楽しみにして出かけました。

残念ながらその日は人が多すぎで時間もなく、
天気もあいにくの曇りだったということもあって
月を望遠鏡で見ることはできませんでしたが・・

しかし、天文台の屋上に上ったとき、
雲の合間から見えた月は明るかった。

それにすごく丸かった。

月を見ていると、
なんだか吸い込まれそうな気がしてきます。

潮汐力によって影響があるにせよ、
もっと心の奥深い部分で
何か引かれているのかなぁと思わざるを得ません。

惹かれている、かな?


ぐんま天文台の望遠鏡は
本当に立派なもので大きく、
今度は月のない星の観測にぴったりな日に
いきたいと思いました。

近くに温泉もあるので、
天体観測会の後に温泉なんて
最高じゃないですか?

テーマ : 天文 - ジャンル : 趣味・実用

tag : 流星群 プラネタリウム 星空 科学館 科学 天文学 宇宙 天文台 プラネタリュウム

光年と口説き文句

僕の知り合いにとても頭のいい人がいます。
東大出身で、その人が最も造詣の深いことが
『13世紀の朝鮮』
だそうで。研究してたらしいです。

ちなみに日本人で、
今も日本在住。現在は働いてますが、仕事は全く朝鮮、
ましてや13世紀の朝鮮には何の関係もありません。

でも、そういう人もこの世の中には必要なんです。
それが日本人の知識のレベルを上げているし、
それで助かる人が多くはなくともいるわけです。




それを踏まえまして、さて、今日の本題です。

この前の内容に関連しますが、
『光年』という言葉で女の子を口説けないか
そんなことを考えてみました。
この答えによって、
多くはなくとも誰か1人だけでも参考になればと思います。


星までの距離は光年で表しますが、
これは光のスピードで何年かかるかということです。
光の速度は時速で約10億8千万Kmだそうです。

つまり1光年というと、
光のスピードで1年かかる距離。

ということは1光年先にあるものは、
1年前のものということです。

だって、1年前に放たれた光だから。


ちなみに僕たちの目は水晶体で光を感じて(確かそうだった気がする)
物体を見ているんです。

一番近い恒星のアルファケンタウリが4.3光年で、
太陽だと光で8分ちょっと。
月だと1秒ちょっと。


僕たちは太陽や月でさえ、リアルタイムなものを見ていない。
今キーボードを叩いている僕の指も、
台所にあるフライパンも、
少し離れておいてあるテレビの生放送番組だって。

厳密に言えばリアルタイムじゃないわけで。


僕たちが使う「今」という言葉は
ある一定の時間の間隔のことであり、
ある一点ではないんです。



僕たちの「今」って?



一定の時間の間隔ではなく、
ただ一点を感じるには?



目を使って見つめ合うのではなく、
むしろ目を閉じて唇を重ねれば、
それは間違いなく「今」という
一点を感じることが出来ると思うのです。



これ、まとまってるでしょうか?

テーマ : 天文 - ジャンル : 趣味・実用

tag : プラネタリウム プラネタリュウム 天文台 宇宙 天文学 流星群 科学 科学館 星空

日本未来化科学館

お台場にあるMiraikan、といえばここ。
日本未来化科学館です。

電車でいけますが、駅から離れていて少し不便です。

ここも科学館の中にプラネタリュウムがあります。

ここもすごくきれい。
こういうところってもしかしてあんまり入場者が多くないからきれいなのか・・
いや、まさかそんなね。。

ここはなんと、あの毛利さんが館長です。

普段はほとんどいないらしいけど、
そういうだけでテンションが上がります。


展示も科学の最先端の分野から歴史、
宇宙に関してもとても充実したものがあります。

子供でも大人でも楽しめるよう
すごく工夫されていると思います。

まあ、お台場にこんなに大きいもの建ててるんだから
そのぐらい頑張ってもらわないととも思いますが。

個人的には
小さい科学館でこだわりのあるところが好きです。



プラネタリュウムは大きいです。
カフェもあったりするので、
ここはデートにはいいかなと思います。

書いてて思ったんですが、
プラネタリュウムってデートにぴったりだと思うんですよ。

ロマンチックだし。


プラネタリュウムを見て、
の気の遠くなるような距離や
輝く美しさを感じて、
そのあまりのスケールに悲観するのではなく、
ちっぽけな二人の人間の
出来るだけ近くにいたいという気持ちと、
まるで自分だけに輝いているように見える美しさを、
感じてはどうでしょう?

なーんて、よくわらないことを
書いてみたり。



まあ、恋人のいない僕としては
根本的にデートなんて行くカップル自体いなくなればいいと思ってはいますが。

科学未来館

テーマ : プラネタリウム - ジャンル : 趣味・実用

tag : プラネタリウム プラネタリュウム 天文台 宇宙 天文学 流星群 科学 科学館 星空

ディスカバリーパーク焼津

今日は静岡県焼津市にある
ディスカバリーパーク焼津のプラネタリュウムについてです。

これも平日に行って参りました。
海沿いにある科学館の中にあります。

平日ということで、訪問者よりも
スタッフのほうが多いという始末。

1Fは展示や科学についてのフロアです。
クイズやら、夏だったからか台風の説明の展示がありました。
気圧の変化を体験できるマシーンもあり。

気圧って不思議。
目に見えないけど変わるもの。

プラネタリュウム自体はごくごく普通。
でもここはきれいです。
新しいのかな。たぶんそうです。

静岡では希少価値の高い場所なので、
是非がんばってほしい。

実際、ここの見所はプラネタリュウムよりも
天体望遠鏡でしょう。

なんでも近所の人が作ったとか。

といっても近所のただのおじさんではなく、
その筋では有名な人が近所にいたらしいのです。

昼間だったので見れなかったですが、
今度は夜に行きたい。

海辺で天体観測、
いいじゃないですか。

でもきっと寒いけど。



寒いほど、きれいなが見えるんです。


世の中とは



往々にして


大変なことこそ、価値があるもんです。

テーマ : プラネタリウム - ジャンル : 趣味・実用

tag : プラネタリウム プラネタリュウム 天文台 宇宙 天文学 流星群 科学 科学館 星空

明石市立天文科学館

昨年、明石にある科学館へいってきました。


平日に、一人で。


まあ、それはいいとして。


ここ明石は日本の標準時ということで、
なんとなくそういう天文関係のものがありそうだな~と、
フラリと立ち寄りました。

大きな期待をカバンにつめて、
少しの恥ずかしさをポケットに突っ込んで、
小さな明石駅から歩いて向かったわけです。


科学館は少し高台にあり、
隣は神社のような感じになってます。
眺めもよく、とても良く晴れた冬だったことを思い出します。

科学館から見えた瀬戸内海と島と太陽は
本当に綺麗でした。

館内は平日の昼ということもありガランとしていましたが、
結論からいうとプラネタリュウムはよかった!
まず投影の機械がかっこいいです。
無骨で、とても古いんですがそのデザインは惹かれるものがあります。

ドームもさして大きくはないですが十分な広さです。
入り口にプラネタリュウムの歴史コーナーがあり、
そこもとても興味深い。


後から入ってきた、社会見学か何かの
園児たちと一緒に鑑賞しました。

番組は冬の星空。
アンドロメダ、ペルセウス、ペガススなどの星座を物語風に解説。
わかりやすかった。


子供たちは騒ぎながらプラネタリュウムの映し出す
星空に歓声をあげていました。
それを横で聞きながら、僕は一人黙ってニヤニヤしていたという
犯罪ギリギリな感じのシチュエーションでした。



明石市立天文科学館

テーマ : プラネタリウム - ジャンル : 趣味・実用

池袋サンシャイン満天

先日、池袋のサンシャインにあるプラネタリュウム:満天にいってきた。
初めての訪問だったが、けっこう話題になってたのでワクワクしながら向かう。

チケットは事前に大黒屋で手に入れてあり、
少しだけだけど安く購入。
100円ぐらいだけどね。

土日は相当混むということで、早めに到着するようにする。

上映番組はastronomythsというやつです。
他にも柴咲コウのやってる番組もあったが、
私はマジで星の話を聞きたかったのでそっちはパスしました。

プラネタリュウムのドームは意外と大きくない。
いや、これは大きい方なのかもしれないけれど、
これだけ盛大に宣伝してるんだからもっと大きいかと思った。
まあ、いくらサンシャインっていっても所詮ビルの中にあるのだからね。。

さて、番組の感想ですが
まあ、良かった。

でも、カップルでこの番組はないと思う。
真剣に星を勉強したい人向けです。
でも私にとってはこれまで本で読んできたことの復習かなって感じでした。
まあ、プラネタリュウムで星を勉強しようなんて
ちょっと見当違いなんですが。
美しさや雰囲気を楽しみにいくものだからね。

あとCGはすごい。
その辺の設備は日本有数なんだろうなと思う。


評価としては

★★★☆☆

そんなとこでしょうか。

ここはいろいろな番組をやるので、
その番組によって評価も大きく変わりそうです。

数人のやさしいスタッフのお姉さんがいるので、
お子様連れにはいいかもですよ。

そんな感じで。

テーマ : プラネタリウム - ジャンル : 趣味・実用

tag : 池袋 プラネタリウム 満天 天体観測 homestar 天体望遠鏡 流星群 日食 月食 夜空

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

きたむら

Author:きたむら
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
フリーエリア
  • seo
FC2ブックマーク
My Yahoo!に追加 Add to Google
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。