スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間は物質であるという命題

全くもって、古いものを残そうとするなんていう行為は
無意味であり非生産的なことだと思う。

歴史は常に動き、新しいものが出てくる。

古いものは確かにいつまでも古いものだが、
新しいものもいつかは古いものになる。

高層ビルだって、いつかは懐かしく思うときが来るはずだ。

古いものを大事にするということは、
単にノスタルジーと今の世界との違いを感じられ、
もしくはノスタルジーに酔いしれることができるためだけで、
機能性で考えれば良い事なんて何もない。



それでも古都が好きです。

京都に行きたいなー。

どうしてこんな風に自分が考えるのか不思議でならない。



さて、いい具合にからかけ離れてきていますよ。
強引に言えば、今のところわかっている範囲では、
地球以外の宇宙では古いものを残そうなんて意志はなく、
常に新しくいろいろな意味で強いものが残っている現実が繰り広げられているのです。

だって人間だって同じ物質なのに、
どうして意図が違うんだろう。

命題が間違ってるのか?
スポンサーサイト

テーマ : 天文 - ジャンル : 趣味・実用

tag :

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事
スポンサードリンク
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

きたむら

Author:きたむら
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
フリーエリア
  • seo
FC2ブックマーク
My Yahoo!に追加 Add to Google
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。